『クローゼットから溢れる洋服』 (「買い物依存症」についての臨床相談)

『もう悩まなくていい ~精神科医熊木徹夫の公開悩み相談~』(幻冬舎)より

熊木先生、初めまして。38歳女性で、3人の子供がいます。昨年の5月あたりから、自分の感情がわからなくなり、喜怒哀楽の区別ができなくなりました。

自分の周囲全てにフィルターがかかり、子供達の成長すら他人事という感じです。表情も乏しくなり、いつも「顔色が悪い、疲れているようだ」と

職場の同僚からも指摘されます。

現在パキシル(パロキセチン)40mgとメイラックス(ロフラゼプ酸エチル)1mgを服用しております。

ここ数ヶ月間は特に買い物に走るようになり、今まで手にしたこともない毛皮や宝石類・高級ブランド品をためらいもなく買うことが多くなりました。

服もクローゼットに一杯になってもまだ買ってしまう状態です。

経済と家庭の破綻をきたす前に、何とかやめたいと思いながらも、銀座などに行き、目につくと殆ど衝動的に買ってしまいます。

職場で、外面だけは良くても下にはとても威圧的で管理志向の強烈な人事査定権を持つ上司とあまりうまくいかないことや、最近、10年間一緒に仕事をしてきてツーカーの仲だった先輩社員が異動で離れ離れになったこと、それに職場の同期の中で一番昇進が遅れていることも原因かもしれません。

家庭内では、同居している舅姑とは朝の出掛けと帰宅時に挨拶をするだけです。

主人はいろいろ心配してくれるのですが、お互い仕事と家事と育児に忙しく、ゆっくり話したいと思っても思うに任せない状況です。

そんなことを繰り返すうちに、自分でも主人に何を話せば良いのかわからなくなってしまいました。

自分の感情がいつも空虚な状態です。最近「子育てをしながらしなやかに働く女性先輩社員としてコメントを」と、会社の研修で体験談をさせられることも多く、表向きにできる話と現状とのギャップに自分でも戸惑っています。

週末は自宅でベッドに引きこもり、家事や子供達の世話もやらなきゃという意識はあっても、体が動かない状態です。

実家の母や姑が言うように、これは私の「心の弱さ」と「甘え」ゆえなのでしょうか。

A:
1;いまひとつ“困りきれていない”印象

いろいろ危うさはあるものの、なんとかそれを渡ってこられているようですね。

いまひとつ“困りきれていない”印象です。

まず、精神科的に問題になることはいくつか挙げられます。

表情も乏しくなり、いつも「顔色が悪い、疲れているようだ」と職場の同僚からも指摘されます。 週末は自宅でベッドに引きこもり、家事や子供達の世話もやらなきゃという意識はあっても、体が動かない状態です。

などは、うつ状態を示唆するものです。

昨年の5月あたりから、自分の感情がわからなくなり、喜怒哀楽の区別ができなくなりました。自分の周囲全てにフィルターがかかり、子供達の成長すら他人事という感じです。

自分の感情がいつも空虚な状態です。

というのも、うつ状態の現れかもしれませんし、また離人感といわれるものかもしれません。(離人感は、“私は誰、ここはどこ”といった感覚で、解離症状の軽いものを指して言います)

ここ数ヶ月間は特に買い物に走るようになり、今まで手にしたこともない毛皮や宝石類・高級ブランド品をためらいもなく買うことが多くなりました。服もクローゼットに一杯になってもまだ買ってしまう状態です。経済と家庭の破綻をきたす前に、何とかやめたいと思いながらも、銀座などに行き、目につくと殆ど衝動的に買ってしまいます。

の状況は、ご存知の通り、買い物依存といいます。

ここでは、買い物依存を軸として話を進めたいと思います。

<2;嗜癖は、やや複雑な条件反射に過ぎない>

依存とは、最近は嗜癖という言葉で説明されることが多いです。

嗜癖とは、ある体験が特別な快楽をもたらした後、その時の記憶が頭を離れず、その快楽を再度引き出すために、その体験を繰り返そうとすることを指しています。すなわち、自ら条件づけた快楽のかたちに“ハマって”いくことです。

  1. アルコールやシンナー・覚せい剤、そして向精神薬の一部など、物質がもたらすもの
  2. 買い物やギャンブルなど、そのプロセスがもたらすもの
  3. 恋愛・宗教など人間関係のあり方がもたらすもの

 などに大別できますが、いずれにせよ、快楽が伴うものであれば、何だって癖づけられます。(快楽の中枢は、脳幹部中脳にあるとされていますが、実際に快楽のかたちを決定するのは、大脳だとされています)

 心理学者の岸田秀氏が「人間は本能の壊れた動物だ」と規定していますが、これは「人間の言動は、大脳という高次脳に規定されている部分が極めて多い」と言い換えることができるでしょう。

大脳は、本能をゆがめ、快楽のあり方に多くのバリエーションをもたらすのです。

ソビエト連邦(現ロシア)の生理学者パブロフが、犬を使って行った有名な実験があります。

犬は食べ物を前にすると、よだれを流します。しかし、ベルの音を聞いても、よだれは流しません。そこで、食べ物を見せながらベルの音を聞かせてみると、よだれを流します。

それを何度も繰り返した後、ベルの音だけ聞かせただけでも、よだれを流すようになるというものです。

これにより、犬には条件反射が“学習”させられるということが証明されたのです。犬が食べ物を前にしてよだれを流すのは、本能によります。

しかし、上のような“学習”過程を経て、ベルの音を聞いただけで、よだれを流すようになったのは、本能とは別に、快楽やそれに対しての欲望を感じる回路が作られたことを意味します。

仮にあるレバーを引くと、ベルがなるような仕掛けを作っておきます。

ベルの音を聞くと気持ちがいい、と感じるようになった件の犬が、ベルの音を聞きたくて自らレバーを引くことを繰り返すようになるなら、(こんな利口な犬がいるかどうかは別として)これは嗜癖といえます。

すなわち、パチンコ台から激しく流れ出る玉の音を聞きたくて、パチンコ台から離れられなくなる人は、この利口な犬と同じです。

そんなバカな!犬と一緒にするな!という人がいるかもしれません。

しかし、嗜癖というのはやや複雑な条件反射に過ぎなくて、それほど高等な精神的営みとはいえないのです。

(裏を返せば、嗜癖は動物的本能に根差す部分が大きいため、それを理性的に統御するのは難しいのです)

<3;条件反射のかたちを変える行動療法>

では、この人間の条件反射のかたちを変える有効な手立てはないものでしょうか。

実はあるのです。行動療法がそれです。これはいわば、“しつけ”療法です。

――本文章は、『徹底相談~精神科医熊木に訊け!~』 [Kindle版]に収録されたものの一部です。続きをお読みになりたい方は上記リンクからご購読ください(*Kindle版は電子書籍ですが、アマゾンの専用端末がなくとも、iPhoneやAndroidスマートフォンで読むことができます。詳しくはこちらをご覧ください)

熊木徹夫
あいち熊木クリニック<愛知県日進市(名古屋市名東区隣)。心療内科・精神科・漢方外来>
TEL: 0561-75-5707 )

<※参考>

摂食障害(過食症および拒食症<神経性大食症および神経性無食欲症>)治療のキモ ~ただのダイエットでは済まない、あなたのために~

美の競演のうちに潜む摂食障害(拒食症と過食症)

「現代型・自尊感情の低落」とは何か ~摂食障害(過食症・拒食症)・醜形恐怖症・自己臭恐怖症治療から見えてくるもの~

醜形恐怖症(醜貌恐怖症・身体醜形障害)治療から垣間見える、女性のナルシシズム生成の危うさ  ~鏡と化粧の意味~

現代の美の”魔術師”美容整形外科医自身が、醜形恐怖症(醜貌恐怖症・身体醜形障害)になった理由 ~美しくても逃れられない、女性ナルシシズム由来の苦しみ~

トップアイドルという苦悩と憂鬱 (精神科医・熊木徹夫の公開人生相談)

『死んでしまいたいくらい、寂しくて寂しくて』 (<自尊感情が低落している方>への臨床相談)

依存症治療はもはや、「対高度資本主義社会」の様相を呈している


人気ブログランキングへ
熊木徹夫

熊木徹夫 の紹介

あいち熊木クリニック<愛知県日進市(名古屋市名東区隣)/心療内科・精神科・漢方外来>TEL: 0561-75-5707
カテゴリー: (002疾患)買い物依存症 タグ: , , , , , パーマリンク