(007薬)抗うつ薬」カテゴリーアーカイブ

人は、八方塞がりの状況に”絶望”すると、その”瞬間”うつ病になる

これまで、かなり多くの精神疾患についてお話ししてきましたが、 最もポピュラーである精神疾患「うつ病」について、述べたことがありませんでした。 というのも、TVや雑誌・マンガに至るまで、あまりに多くのメディアが取り上げすぎ … 続きを読む

カテゴリー: (001治療・専門外来)精神科治療論, (002疾患)うつ病, (004性格・人格)ディスチミア親和型, (004性格・人格)メランコリー親和型, (007薬)抗うつ薬, (007薬)抗精神病薬・メジャートランキライザー | 人は、八方塞がりの状況に”絶望”すると、その”瞬間”うつ病になる はコメントを受け付けていません。

「官能的評価」から考えた精神科治療論 ~いかに抗うつ薬を、服み効かせるか~

精神科薬物療法では、薬物を症状に働かせることを狙うのではなく、患者さんの身体構造を改変し、患者さんがより過ごしやすい状況を恒常化させることを狙う。また、薬物と言葉により、患者さんの身体を耕すことを目指すのでなくてはならな … 続きを読む

カテゴリー: (001治療・専門外来)精神科治療論, (001治療・専門外来)精神科薬物治療, (007薬)抗うつ薬, (008熊木用語)「身体モニター法」, (008熊木用語)「身体感覚」, (008熊木用語)薬物の「官能的評価」 | タグ: , , , , , , | 「官能的評価」から考えた精神科治療論 ~いかに抗うつ薬を、服み効かせるか~ はコメントを受け付けていません。

「官能的評価」から考えた精神科治療論 ~いかに抗うつ薬を、服み効かせるか~

(熊木徹夫論文・『こころの科学』所収)より一部改変掲載 6:めざすのは「快」ではなく「楽」 薬物療法において最終的に目指すべきなのは、「快」ではなく「楽」である。 薬物選択にあたり、極めて重要なことがある。それは「「楽」 … 続きを読む

カテゴリー: (001治療・専門外来)精神科薬物治療, (007薬)感情調整薬・気分安定薬, (007薬)抗うつ薬, (008熊木用語)薬物の「官能的評価」 | タグ: , , , , , , , , , , , , | 「官能的評価」から考えた精神科治療論 ~いかに抗うつ薬を、服み効かせるか~ はコメントを受け付けていません。