(001治療・専門外来)漢方薬治療」カテゴリーアーカイブ

PMS(生理前症候群/月経前症候群)をめぐる男女間のパートナーシップ

あなたは、PMS(Premenstrual Syndrome)をご存知だろうか。 日本語では、生理前症候群(月経前症候群)という。 症状は、実に多岐にわたる。 以下に、挙げてみることにしたい。 ((PMSの症状)) (1 … 続きを読む

カテゴリー: (001治療・専門外来)漢方薬治療, (001治療・専門外来)精神科薬物治療, (002疾患)PMS・生理前症候群・月経前症候群, (003症状)イライラ・焦燥感, (005関係・環境)夫婦間問題, (005関係・環境)家族問題, (005関係・環境)男女問題, (007薬)漢方薬, (999未分類) | PMS(生理前症候群/月経前症候群)をめぐる男女間のパートナーシップ はコメントを受け付けていません。

アロパノール(全薬工業)についての所感

最近、しばしばTV-CMで見かけるアロパノールという商品について、コメントしたい。 宣伝文句は「緊張・イライラ・不安など、ストレス社会に疲れた心へのドリンク剤」である。 向精神薬はすべて、市販できないことになっているはず … 続きを読む

カテゴリー: (001治療・専門外来)漢方薬治療, (001治療・専門外来)痛み・漢方外来, (011執筆)エッセイ, (014個別薬物について)アロパロール, (014個別薬物について)抑肝散 | アロパノール(全薬工業)についての所感 はコメントを受け付けていません。

「セロクエル錠(クエチアピンフマル酸塩)で、 下痢型IBS(過敏性腸症候群)の症状が消えた」 という”ももさん”に対する回答 ・・(※IBS(過敏性腸症候群)についての、精神科薬物・漢方薬の小解説)

IBS(過敏性腸症候群)は、極度の緊張に襲われると、下痢や便秘、またはそれらが繰り返し現れるというもので、 下痢型IBSは、専ら下痢症状のみが表現されるものを指します。   IBSの薬物療法では、二方向からのア … 続きを読む

カテゴリー: (001治療・専門外来)漢方薬治療, (001治療・専門外来)精神科薬物治療, (002:IBS・過敏性腸症候群) | 「セロクエル錠(クエチアピンフマル酸塩)で、 下痢型IBS(過敏性腸症候群)の症状が消えた」 という”ももさん”に対する回答 ・・(※IBS(過敏性腸症候群)についての、精神科薬物・漢方薬の小解説) はコメントを受け付けていません。

「痛み・漢方専門外来」(および、あいち熊木クリニックでの漢方薬治療の考え方)について

~※ あいち熊木クリニックでの漢方治療は、健康保険適応となります ~ あいち熊木クリニックは、精神科・心療内科クリニックであると同時に、漢方クリニックでもあります。 これは、精神科治療の片手間に漢方治療を行っているという … 続きを読む

カテゴリー: (001治療・専門外来)漢方薬治療, (001治療・専門外来)痛み・漢方外来, (002疾患)線維筋痛症, (007薬)漢方薬, (008熊木用語)「身体感覚」 | タグ: , , , , , | 「痛み・漢方専門外来」(および、あいち熊木クリニックでの漢方薬治療の考え方)について はコメントを受け付けていません。

重症チック症・多発性チック症(および、トゥレット症候群・どもり(吃音症)・抜毛癖(抜毛症・トリコチロマニア)・爪かみ・歯ぎしり・貧乏ゆすり)の薬物療法(漢方薬・精神科薬物)

1:はじめに 近頃、あいち熊木クリニックにおいても、さまざまなチック症の患者さんが訪れています。 当院は児童精神科ではありませんから、当初はその旨お伝えし、お引き受けしないようにしていたのです。 しかし、「ほうぼうの小児 … 続きを読む

カテゴリー: (001治療・専門外来)漢方薬治療, (001治療・専門外来)精神科薬物治療, (002疾患)重症チック・トゥレット症候群・どもり・抜毛癖・抜毛症・爪かみ, (003症状)歯ぎしり | タグ: | 重症チック症・多発性チック症(および、トゥレット症候群・どもり(吃音症)・抜毛癖(抜毛症・トリコチロマニア)・爪かみ・歯ぎしり・貧乏ゆすり)の薬物療法(漢方薬・精神科薬物) はコメントを受け付けていません。

初めて漢方薬を服用される方へ(あいち熊木クリニックでのお伝え)

A:漢方では、味見が大事です 意外だと思われるかもしれませんが、漢方では「良薬口に“あまし(うまし)”」となります。 おいしいもの、すんなり服めるものほど、身体に合う可能性が高いです。 このように味・におい・風味の確認が … 続きを読む

カテゴリー: (001治療・専門外来)漢方薬治療, (009漢方用語)瞑眩(メンゲン) | タグ: , , , , , , , | 初めて漢方薬を服用される方へ(あいち熊木クリニックでのお伝え) はコメントを受け付けていません。

夜間尿(過活動膀胱:OAB)を伴う不眠について、一提言

<夜間尿を伴う不眠について、一提言> 不眠は本当に苦しいものです。 どこかの自治体で「不眠が2週間続いたら、精神科へ」という標語がありましたが、そのような状況になった方がいたなら、本当にそうして欲しいと思います。 まずは … 続きを読む

カテゴリー: (001治療・専門外来)漢方薬治療, (001治療・専門外来)精神科薬物治療, (002疾患)不眠症・睡眠障害, (002疾患)夜間尿, (002疾患)過活動膀胱:OAB | タグ: , , , , , , , , , , , , , | 夜間尿(過活動膀胱:OAB)を伴う不眠について、一提言 はコメントを受け付けていません。