(002:IBS・過敏性腸症候群)」カテゴリーアーカイブ

「呑気症」との自覚に至るのに、10年もの年月がかかる?

「呑気」(どんき)っていう言葉、ご存知ですか? 空気を呑む(のむ)ことを指して、そう言います。 緊張すると、「息を呑む」といいますね。 一時的に、無呼吸の状態になり、ゴクリと唾を飲み込むようなこと、誰しも経験があると思い … 続きを読む

カテゴリー: (001治療・専門外来)精神科治療論, (001治療・専門外来)精神科薬物治療, (002:IBS・過敏性腸症候群), (002疾患)IBS(過敏性腸症候群), (002疾患)呑気症, (002疾患)重症チック・トゥレット症候群・どもり・抜毛癖・抜毛症・爪かみ, (002疾患)顎関節症, (003症状)歯ぎしり | 「呑気症」との自覚に至るのに、10年もの年月がかかる? はコメントを受け付けていません。

「セロクエル錠(クエチアピンフマル酸塩)で、 下痢型IBS(過敏性腸症候群)の症状が消えた」 という”ももさん”に対する回答 ・・(※IBS(過敏性腸症候群)についての、精神科薬物・漢方薬の小解説)

IBS(過敏性腸症候群)は、極度の緊張に襲われると、下痢や便秘、またはそれらが繰り返し現れるというもので、 下痢型IBSは、専ら下痢症状のみが表現されるものを指します。   IBSの薬物療法では、二方向からのア … 続きを読む

カテゴリー: (001治療・専門外来)漢方薬治療, (001治療・専門外来)精神科薬物治療, (002:IBS・過敏性腸症候群) | 「セロクエル錠(クエチアピンフマル酸塩)で、 下痢型IBS(過敏性腸症候群)の症状が消えた」 という”ももさん”に対する回答 ・・(※IBS(過敏性腸症候群)についての、精神科薬物・漢方薬の小解説) はコメントを受け付けていません。