(005関係・環境)ファシズム, (011執筆)エッセイ, (011執筆)メールマガジン「精神科治療の鬼」, (013トピックス)オリンピック, (013トピックス)スポーツ競技

こんにちは、熊木です。

 

2週間に渡るリオデジャネイロ・オリンピックは終わり、さらにパラリンピックに移行していきます。

4年に一度の特別な大会であり、その金メダルは最高の栄誉であるため、 ...

(011執筆)エッセイ, (011執筆)メールマガジン「精神科治療の鬼」, (011執筆)メルマガくままぐ関係, (011執筆)回想録, (011執筆)患者さんへの年始のあいさつ(年賀), (011執筆)紀行文, (011執筆)追悼, (013トピックス)彫刻

<あいち熊木クリニックに通院中のみなさまへ>
(※お年賀頂戴しました方、ありがとうございます。本状でもって挨拶に代えさせていただきます)

明けまして、おめでとうございます。

新年を迎えるに際し、私がこの ...

(011執筆)エッセイ, (011執筆)メールマガジン「精神科治療の鬼」, (011執筆)回想録, (011執筆)映画, (011執筆)追悼

原節子が亡くなった。
95歳だという。
女優引退後、鎌倉で人目を忍んで暮らしていたということだ。

私は一時、原節子に恋をしていた。
映画狂だった大学4年の頃、今池の小さな映画館・シネマテークで、小津 ...

(011執筆)エッセイ, (011執筆)メールマガジン「精神科治療の鬼」, (011執筆)メルマガくままぐ関係, (011執筆)回想録, (011執筆)紀行文, (011執筆)追悼

このシルバーウィーク、十二年ぶりに道東(北海道東部)へ旅に出ました。

定番の知床半島や摩周湖・屈斜路湖などはもちろん回りましたが、
この旅にはもう一つの隠れた目的があったのです。

それは「栗田民芸店」を ...

(006患者さん)患者さんの声, (008熊木用語)薬物の「官能的評価」, (011執筆)メールマガジン「精神科治療の鬼」

こんにちは、熊木です。

このたび(2015.9.10.)、
『精神科のくすりを語ろう・その2 ―患者による官能的評価の新たな展開』
を、日本評論社より、上梓することになりました。
→→→ ow.ly ...