(001治療・専門外来)精神科治療論」カテゴリーアーカイブ

新刊書『自己愛危機サバイバル ~摂食障害・醜形恐怖症・自己臭恐怖症の克服・治療~』のご紹介です

このたび(2018.9.28.)、 『自己愛危機サバイバル ~摂食障害・醜形恐怖症・自己臭恐怖症の克服・治療~』 を、中外医学社より、上梓しました。 私としては、3年ぶり、8冊目の新刊書です。 以下に、本書の<まえがき> … 続きを読む

カテゴリー: (001治療・専門外来)精神科治療論, (002疾患)依存症(行為についての), (002疾患)嗜癖・アディクション, (002疾患)思春期妄想症, (002疾患)拒食症・神経性無食欲症・AN, (002疾患)摂食障害, (002疾患)自己臭恐怖症, (002疾患)過食症・神経性大食症・BN, (002疾患)醜形恐怖症・醜貌恐怖症・身体醜形障害, (003症状)希死感・希死念慮・自殺, (004性格・人格)ナルシシズム・自己愛, (004性格・人格)自尊感情の問題, (004性格・人格)自己愛性人格, (005関係・環境)共依存関係, (005関係・環境)家族問題, (008熊木用語)「身体モニター法」, (008熊木用語)「身体感覚」, (008熊木用語)自己愛危機, (011執筆)治療体験記, (011執筆)自著紹介 | 新刊書『自己愛危機サバイバル ~摂食障害・醜形恐怖症・自己臭恐怖症の克服・治療~』のご紹介です はコメントを受け付けていません。

人は、八方塞がりの状況に”絶望”すると、その”瞬間”うつ病になる

これまで、かなり多くの精神疾患についてお話ししてきましたが、 最もポピュラーである精神疾患「うつ病」について、述べたことがありませんでした。 というのも、TVや雑誌・マンガに至るまで、あまりに多くのメディアが取り上げすぎ … 続きを読む

カテゴリー: (001治療・専門外来)精神科治療論, (002疾患)うつ病, (004性格・人格)ディスチミア親和型, (004性格・人格)メランコリー親和型, (007薬)抗うつ薬, (007薬)抗精神病薬・メジャートランキライザー | 人は、八方塞がりの状況に”絶望”すると、その”瞬間”うつ病になる はコメントを受け付けていません。

抜毛症女子の母親は、なぜ物悲しいのか ~抜毛症(抜毛癖・トリコチロマニア)の潜在的意味と治療・代償行動について~

近頃、あいち熊木クリニックで受診が増えているのが、抜毛症(抜毛癖)の患者さんです。 意識的にか、無意識的にか、自らの髪の毛をぷちんぷちんと引き抜いてしまうというものです。 初発は、小学校時代が圧倒的多いですが、中学・高校 … 続きを読む

カテゴリー: (001治療・専門外来)精神科治療論, (002疾患)嗜癖・アディクション, (002疾患)重症チック・トゥレット症候群・どもり・抜毛癖・抜毛症・爪かみ, (003症状)イライラ・焦燥感, (003症状)抜毛, (003症状)汚言症, (004性格・人格)ナルシシズム・自己愛, (005関係・環境)しつけ, (005関係・環境)子育て, (005関係・環境)母子関係, (008熊木用語)「身体感覚」, (999未分類) | 抜毛症女子の母親は、なぜ物悲しいのか ~抜毛症(抜毛癖・トリコチロマニア)の潜在的意味と治療・代償行動について~ はコメントを受け付けていません。

チック症・発達障害の生きづらさ  ~<KY(空気よめない)>と<もうひとつのKY(空気を読みすぎる)>が混在するのはなぜか~

先に、重症チック症・トゥレット障害の薬物療法について書きました。 www.dr-kumaki.net/kimo/%E9%87%8D%E7%97%87%E3%83%81%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%AE続きを読む

カテゴリー: (001治療・専門外来)精神科治療論, (002疾患)ADHD・注意欠陥多動性障害, (002疾患)アスペルガー症候群, (002疾患)発達障害, (002疾患)重症チック・トゥレット症候群・どもり・抜毛癖・抜毛症・爪かみ, (004性格・人格)KY(空気よめない), (004性格・人格)もうひとつのKY(空気よみすぎ) | チック症・発達障害の生きづらさ  ~<KY(空気よめない)>と<もうひとつのKY(空気を読みすぎる)>が混在するのはなぜか~ はコメントを受け付けていません。

「呑気症」との自覚に至るのに、10年もの年月がかかる?

「呑気」(どんき)っていう言葉、ご存知ですか? 空気を呑む(のむ)ことを指して、そう言います。 緊張すると、「息を呑む」といいますね。 一時的に、無呼吸の状態になり、ゴクリと唾を飲み込むようなこと、誰しも経験があると思い … 続きを読む

カテゴリー: (001治療・専門外来)精神科治療論, (001治療・専門外来)精神科薬物治療, (002:IBS・過敏性腸症候群), (002疾患)IBS(過敏性腸症候群), (002疾患)呑気症, (002疾患)重症チック・トゥレット症候群・どもり・抜毛癖・抜毛症・爪かみ, (002疾患)顎関節症, (003症状)歯ぎしり | 「呑気症」との自覚に至るのに、10年もの年月がかかる? はコメントを受け付けていません。

トゥレット症候群における「汚言症」は、無意識の産物か  ~「空気は読めるが、あえて壊す」タブー侵犯がもたらすもの~

私はかつて、 「重症チック症・多発性チック症(および、トゥレット症候群・どもり(吃音症)・抜毛癖(抜毛症・トリコチロマニア)・爪かみ・歯ぎしり・貧乏ゆすり)の薬物療法(漢方薬・精神科薬物)」という一文を書いたのですが、こ … 続きを読む

カテゴリー: (001治療・専門外来)精神科治療論, (002疾患)アスペルガー症候群, (002疾患)発達障害, (002疾患)重症チック・トゥレット症候群・どもり・抜毛癖・抜毛症・爪かみ, (003症状)汚言症, (005関係・環境)しつけ | トゥレット症候群における「汚言症」は、無意識の産物か  ~「空気は読めるが、あえて壊す」タブー侵犯がもたらすもの~ はコメントを受け付けていません。

「現代型・自尊感情の低落」とは何か ~摂食障害(過食症・拒食症)・醜形恐怖症・自己臭恐怖症治療から見えてくるもの~

あいち熊木クリニックには、摂食障害専門外来がある。 対象となる疾患は、摂食障害(過食症・拒食症)のみならず、醜形恐怖症や自己臭恐怖症といった、思春期・青年期に特有の疾患である。 そして、そこにやってくるのは主に思春期・青 … 続きを読む

カテゴリー: (001治療・専門外来)精神科治療論, (002疾患)PTSD・心的外傷後ストレス障害・トラウマ, (002疾患)思春期妄想症, (002疾患)拒食症・神経性無食欲症・AN, (002疾患)摂食障害, (002疾患)発達障害, (002疾患)自己臭恐怖症, (002疾患)過食症・神経性大食症・BN, (002疾患)醜形恐怖症・醜貌恐怖症・身体醜形障害, (004性格・人格)アイデンティティ不安, (004性格・人格)ナルシシズム・自己愛, (004性格・人格)自尊感情の問題, (005関係・環境)競争社会, (011執筆)エッセイ | 「現代型・自尊感情の低落」とは何か ~摂食障害(過食症・拒食症)・醜形恐怖症・自己臭恐怖症治療から見えてくるもの~ はコメントを受け付けていません。

依存症治療はもはや、「対高度資本主義社会」の様相を呈している

「アルコール依存症は、産業革命以降の産物」と言ったのは、確か、精神科医なだいなだであったと思う。というのも、酒というものは元々自然が長時間かけて世にもたらす高価なものであり、一般人が日々の生活でそうそう口にできる物ではな … 続きを読む

カテゴリー: (001治療・専門外来)精神科治療論, (002疾患)アルコール依存症, (002疾患)ギャンブル依存症・パチンコ依存症・スロット(パチスロ)依存症, (002疾患)スマートフォン(スマホ)依存症・インターネット依存症, (002疾患)依存症(物質についての), (002疾患)依存症(行為についての), (002疾患)嗜癖・アディクション, (002疾患)拒食症・神経性無食欲症・AN, (002疾患)摂食障害, (002疾患)過食症・神経性大食症・BN, (005関係・環境)高度資本主義社会 | 依存症治療はもはや、「対高度資本主義社会」の様相を呈している はコメントを受け付けていません。

現代の美の”魔術師”美容整形外科医自身が、醜形恐怖症(醜貌恐怖症・身体醜形障害)になった理由 ~美しくても逃れられない、女性ナルシシズム由来の苦しみ~

これまで20年の診療のなかで、醜形恐怖症の患者さんにも数多く接してきました。 醜形恐怖症とは、別名身体醜形障害(Body dysmorphic disorder ; BDD)あるいは醜貌恐怖症ともいいます。 自己身体(特 … 続きを読む

カテゴリー: (001治療・専門外来)精神科治療論, (002疾患)思春期妄想症, (002疾患)醜形恐怖症・醜貌恐怖症・身体醜形障害, (004性格・人格)自尊感情の問題, (004性格・人格)自己愛性人格, (011執筆)メールマガジン「精神科治療の鬼」, (011執筆)治療体験記 | 現代の美の”魔術師”美容整形外科医自身が、醜形恐怖症(醜貌恐怖症・身体醜形障害)になった理由 ~美しくても逃れられない、女性ナルシシズム由来の苦しみ~ はコメントを受け付けていません。

精神科薬物治療を成功に導くために、精神科医・患者双方が知っておくと良いだろうこと

本書(『精神科のくすりを語ろう・その2』)は、患者さんの官能的評価を集積し、それらを編集することにより、精神科薬物の治療可能性を現状よりさらに拓いていくことを目指したものです。その前提として、それぞれに長所短所はあれど、 … 続きを読む

カテゴリー: (001治療・専門外来)精神科治療論, (001治療・専門外来)精神科薬物治療, (008熊木用語)薬物の「官能的評価」 | 精神科薬物治療を成功に導くために、精神科医・患者双方が知っておくと良いだろうこと はコメントを受け付けていません。