(001治療・専門外来)精神科薬物治療, (013トピックス)妊娠, (013トピックス)妊婦, (013トピックス)授乳, (013トピックス)精子

近頃よく、次のような質問を受けます。
それは、男性患者さんからのものです。
「今、精神科薬物を服薬中だけど、妻が妊娠することを考えたとき、自分も服薬を止めなくてもいいのでしょうか。(精神科薬物の影響が、胎児に及ばないの ...

(001治療・専門外来)精神科治療論, (001治療・専門外来)精神科薬物治療, (002:IBS・過敏性腸症候群), (002疾患)IBS(過敏性腸症候群), (002疾患)呑気症, (002疾患)重症チック・トゥレット症候群・どもり・抜毛癖・抜毛症・爪かみ, (002疾患)顎関節症, (003症状)歯ぎしり

「呑気」(どんき)っていう言葉、ご存知ですか?
空気を呑む(のむ)ことを指して、そう言います。

緊張すると、「息を呑む」といいますね。
一時的に、無呼吸の状態になり、ゴクリと唾を飲み込むようなこと、誰しも経 ...

(001治療・専門外来)精神科治療論, (001治療・専門外来)精神科薬物治療, (008熊木用語)薬物の「官能的評価」

本書(『精神科のくすりを語ろう・その2』)は、患者さんの官能的評価を集積し、それらを編集することにより、精神科薬物の治療可能性を現状よりさらに拓いていくことを目指したものです。その前提として、それぞれに長所短所はあれど、各々の精神科薬 ...

(001治療・専門外来)精神科薬物治療, (013トピックス)妊娠, (013トピックス)妊婦, (013トピックス)授乳

妊婦さんや授乳期のお母さんは、基本的に精神科薬物の服用を慎むべきです。

それは、精神科薬物が基本的に脂溶性薬物で(脂溶性薬物なので、脳や神経といった”油の固まり”に溶け込みやすい)、妊婦さんの血液から胎児に伝播されること以 ...

(001治療・専門外来)精神科治療論, (001治療・専門外来)精神科薬物治療, (010人物)中井久夫

中井久夫には多彩な貌がある。臨床家(精神科医)・医学研究者・訳詩家・詩人・エッセイストなど。そのいずれにも共通するのは、実践家であり体験の伝承者であるということ。評者は中井と同じく精神科医であるが、その経験年数において多大な格差がある ...

(001治療・専門外来)精神科治療論, (001治療・専門外来)精神科薬物治療

次に、良き「官能的評価」がもたらされるための条件とはどのようなものか、以下に列挙してみたい。

 

1)精神科医・患者がお互いに信頼し合っていること

臨床の場は、真剣勝負の場である。ここには ...

(001治療・専門外来)精神科治療論, (001治療・専門外来)精神科薬物治療

ところで精神科薬物療法は、単に患者の表層的な精神症状のコントロールを司るだけのものではない。精神科医は投薬を行う過程で、治療をうまく機能させるような良き「官能的評価」を患者から炙りだしていく。オーケストラにおいてもいい”音”があるよう ...

(001治療・専門外来)精神科治療論, (001治療・専門外来)精神科薬物治療

まずこの「官能的評価」が機能するためには、どのような前提がなくてはならないか。

茶道などで持ち出される「主客一体」がそれである。「主客一体」とは、主人と客がそれぞれ主体を維持しながら、同じ「おもてなし」の場を共有して、相互 ...