(011執筆)追悼」カテゴリーアーカイブ

私の前に屹立した「初めての大人の精神科医」 ~中里均先生追悼~

(※ 2018.3.精神科医の中里均先生が亡くなられた。 生前一方ならぬお世話になったにもかかわらず、先生にお別れが言えなかった。 先程参加した名古屋市立大学精神科同門会で、その報に触れた次第。 遅きに失したが、ここに哀 … 続きを読む

カテゴリー: (010人物)中里均, (011執筆)追悼 | 私の前に屹立した「初めての大人の精神科医」 ~中里均先生追悼~ はコメントを受け付けていません。

2016年年頭の辞: 「三郎おじいさんのフクロウ」

<あいち熊木クリニックに通院中のみなさまへ> (※お年賀頂戴しました方、ありがとうございます。本状でもって挨拶に代えさせていただきます) 明けまして、おめでとうございます。 新年を迎えるに際し、私がこのところ、ずっとここ … 続きを読む

カテゴリー: (011執筆)エッセイ, (011執筆)メールマガジン「精神科治療の鬼」, (011執筆)メルマガくままぐ関係, (011執筆)回想録, (011執筆)患者さんへの年始のあいさつ(年賀), (011執筆)紀行文, (011執筆)追悼, (013トピックス)彫刻 | 2016年年頭の辞: 「三郎おじいさんのフクロウ」 はコメントを受け付けていません。

ありがとう、我が青春の原節子

headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151125-00000119-mai-soci 原節子が亡くなった。 95歳だという。 女優引退後、鎌倉で人目を忍んで暮らしていたということだ。 私は一時、原節 … 続きを読む

カテゴリー: (011執筆)エッセイ, (011執筆)メールマガジン「精神科治療の鬼」, (011執筆)回想録, (011執筆)映画, (011執筆)追悼 | ありがとう、我が青春の原節子 はコメントを受け付けていません。

道東「栗田民芸店」再訪の記

このシルバーウィーク、十二年ぶりに道東(北海道東部)へ旅に出ました。 定番の知床半島や摩周湖・屈斜路湖などはもちろん回りましたが、 この旅にはもう一つの隠れた目的があったのです。 それは「栗田民芸店」を訪れることです。 … 続きを読む

カテゴリー: (011執筆)エッセイ, (011執筆)メールマガジン「精神科治療の鬼」, (011執筆)メルマガくままぐ関係, (011執筆)回想録, (011執筆)紀行文, (011執筆)追悼 | 道東「栗田民芸店」再訪の記 はコメントを受け付けていません。

故・岩田勲先生との洛星高校演劇部での思い出(追悼)

<故・岩田勲先生との洛星高校演劇部での思い出(追悼)>   2015.1.9.の朝、岩田勲先生の訃報が入ってきました。 その突然の悲しい知らせに驚いたとはいえ、これまでに全く何も心当たりがなかったわけではありま … 続きを読む

カテゴリー: (011執筆)エッセイ, (011執筆)回想録, (011執筆)追悼, (013トピックス)演出, (013トピックス)演劇部 | 2件のコメント

故・鈴木茂先生を悼む

こんにちは、熊木です。 私たち(熊木徹夫・水谷雅信)の恩師である 故・鈴木茂先生について触れたいと思います。 (先生は、2013.7.18.に永眠されました) 私たちが名古屋市立大学の卒業を控えていた頃、 長期休暇を利用 … 続きを読む

カテゴリー: (011執筆)追悼 | 故・鈴木茂先生を悼む はコメントを受け付けていません。